FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

こどもたちの食生活の現状(孤食の増加)

1982年、の国民栄養調査によると、朝食時に両親揃って食べる、約40%、孤食23%だった。1993年では、逆転して27%、31%。家庭のコミニュケーションが取れない。楽しいはずの食事がつまらなくなります。これは、家族の団欒と引き換えに個人の都合が優先された現状であると考えています。断固として守り抜く決意が必要と考えています。
スポンサーサイト



テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

【2006/04/21 03:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<アレルギーの代替肉が高い | ホーム | こどもたちの食生活の現状(肥満傾向児の増加)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる