FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

アレルギー表示ができて4年の経過

厚生労働省のアレルギー表示義務について4年が経過したが、製造メーカーの対応に変化があったのだろうか?食品衛生法において、5品目(卵、牛乳、小麦、そば、ピーナツ)については、10ppmを超えて場合表示義務が付くことになった。表示義務違反とは、その食品を食べてアレルギー児が何らかの症状を訴えて、病院による告発である。その場合最寄の保健所より査察が行われているのが現状である。
しかし、中小のメーカーが、アレルギー用ではなく一般消費者向けの食品を製造していてある日突然、法律が変わったから検査してくださいといわれてもアレルギー検査は、5品検査すると10万円を超えてしまう。商品の価格に跳ね返り商売が出来なくなることが予想がつく。はたして検査をうけているのだろうか?検査代は国などの行政が絡んで値段を税控除すべきではないだろうか?次回、自主基準なるものを作ってみたいと思う。
スポンサーサイト



テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

【2006/04/12 03:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<美と健康とおしゃれ | ホーム | 電磁波の人体への影響についての評価>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる