FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

アレルギーの人に注意の食材

原材料の中に小麦が混入したりするケース
例えば輸入品で起こることが商社マンの口より起こりえる場合がある?
オーストラリア産の小麦を直接日本に輸入する場合、関税がかかる。
日本に暮らしている人は、関税率には、関心の無い人が多い。私も同じ。商社は、少しでも儲けを多くするためにあらゆる手立てを考える。
オーストラリア産の小麦を一度、韓国に送り、韓国で、砂糖やタピオカ澱粉などに混ぜて日本に輸入した場合、小麦が調製品という名目が変わるだけで関税が安く出来るというカラクリだ。そして日本で分離する。しかし、小麦蛋白は、おそらく分離できないであろう?
スポンサーサイト



テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

【2006/04/06 08:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<卵の特性 | ホーム | 洗剤>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる