FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

アレルギー性喘息

喘息は、紀元前からある古い病気の一つである。その数は、世界で3億人の患者がおり、年間25万人が死亡している。最近、喘息の低年齢化が指摘されている。
また、慢性化、重症化に伴い、小児喘息という言葉も、使われなくなってきている。炎症性疾患で、早期治療が叫ばれて、治療方法も、昔と比べて、変化してきている。喘息にならない方法の一つとして遺伝子の特徴(欠陥か抑制)を調べて、ウイルスなどから生体を守るプラスの働きが見つかれば、病気にならなくてすむと考えるのは、いかがだろうか?
スポンサーサイト



【2008/11/21 07:56】 | アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<喘息の増加の要因 | ホーム | 食物アレルギーのアメリカでの調査の結果:増加>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる