FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

食物アレルギーの学校での対策

食物アレルギー児の対策が、日本の学校教育現場において、立ち遅れている。早く文部科学省が、対応しなければならない時が迫っている。学校給食が、食物アレルギー児の子供たちに普及していないためだ。栄養教諭が配置しているが、教育委員会が、学校側との話し合いに進歩的な意見を打ち出せないためだ。今回、ガイドラインの指針を出したが、結果を見てみないと判断できない。
食物アレルギーを持つ保護者との意見を優先させて早く解決してほしい。出ないと、一部の女性(女性にアトピー暦などある場合)の中では、結婚しても、子供を安心して生むことを拒否するだろうと思う。


アレルギー、学校が主治医と連携・保健会、教職員向けに指針

 アレルギー疾患を持つ子どもが学校生活を送るのを支えるための教職員向けガイドラインを、文部科学省所管の財団法人が作成した。重症度や学校での注意点、緊急時の連絡先などを主治医に示してもらった上で支援するよう求めているのが特徴。来月にも全国のすべての学校に配布する。

 ガイドラインは文科省が財団法人、日本学校保健会(東京・港)に作成を依頼。学校は就学時健診や学校健診を通じて子どもにアレルギー疾患がないかを確認。保護者に「学校生活管理指導表」を渡し、主治医に記入してもらう。 (18:44)
スポンサーサイト



テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

【2008/04/09 20:36】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<その後のラブラドール ココ | ホーム | ラブラドール・レトリバーを家に迎えて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる