FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

食物アレルギー児童の増加

1992年から2000年まで2年後との調査で、男子4%、4.1%
4.4%、4.3%、3.9%、女子では、3.9%、3.6%、5.4%、5.1%、4.5%、であり、やや女子のほうが高い数値です。




即時型食物アレルギーの原因食品の種類別で見ると、たまご、乳製品、小麦、そば、魚類、果物、えび、肉類、ピーナツ、大豆の順番でした。

食物アレルギーは、まだ多くを解明されておらず、遅延型食物アレルギーの統計は出ていない。
スポンサーサイト



テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

【2005/11/16 14:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<明日から福井に行ってきます。 | ホーム | 非常食の実際>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる