FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

世界的な穀物の価格の上昇

世界三大穀物は、小麦、大豆、とうもろこしです。昨年より、石油にかわる代替エネルギー源として人の食物に目をつけ始めました。
これは、これから起こる恐ろしい出来事の序盤戦です。
先進国は、発展途上国を食い物にしています。ODAで、自立できる国にするため、教育資金として低利率で貸し付けていくことも提案します。
GNPの低い国は、穀物を買えなくなり、飢え死にを待つばかりです。
食糧を、手に入れるために内戦からやがては国と国の戦争が起こるでしょう。
日本では、小麦が12月には値上げしましたが、春先の小麦値上げについては様子見しかないでしょう。
穀物価格や食料価格の高騰は一進一退しながらも世界食糧危機の始まりと思います。
小手先でない対応を模索しています。
日本の農林大臣は、早く手を打たねば大変なことになるでしょう。
私は、自給率を引き上げるため、地球温暖化で、水が枯渇していくと思います。川は、干上がり、作物ができない状態がそう遠くない将来に起こるのではと危惧しています。
日本の米作りは、やめてはいけません。日本の食料文化の中心の米をはじめとする
雑穀なども取引の中心におくべきです。日本の若い世代が食べないのなら、輸出してもよいと思います。
日本国民の一人ひとりが、日本人のDNAをもっています。何千年の気の遠くなるようなつながりがあり、かけがえのない人のイノチを大切に生きるためにも、日本の食文化を継承して文化を守って生きる努力をしましょう。穀物及び豆類は貴重な蛋白源です。大豆は、畑の肉と呼ばれてきました。
自給率は5%です。これからは、市民農園で大豆を作り、日本の食文化を農業を推進してまいりましょう。
スポンサーサイト



テーマ:食糧政策 - ジャンル:政治・経済

【2008/01/15 22:31】 | これからの農業 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<母乳について | ホーム | 食物アレルギーとともに25年!振り返ってみるとⅠ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる