FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

日本小児アレルギー学会の展示ブースに参加したこと お礼と報告

アレルギー支援ネットワークは、今回、顧問の宇理須厚雄先生のご厚意により、市民団体として活動紹介をする場をいただき参加をしてまいりました。

12/8.9日に、日本小児アレルギー学会総会が名古屋国際会議場にて開催されました。、
たくさんのスタッフの方にお手伝いをいただきまして、本当にありがとうございました。

記念講演やシンポジウムが行われましたセンチュリーホールのロビーと、市民公開講座の会場内と、二か所に展示ブースをださせていただきました。

センチュリーホールのロビーは、一番奥まった所に位置しておりましたが、丸善などによる書籍販売コーナーの近くだったこともあり、また、アレルギー支援ネットワークの大きな看板を掲げておりましたので、多くの先生方の目にとまりアピールすることができたことと思います。
宇理須先生も、記念講演の折に、市民団体の活動について触れてくださったとのことでその後ブースに立ち寄っていただく先生もいらっしゃったようです。
(と申しますのも、中西は同時開催されておりました市民公開講座の中の展示ブースにおり、残念ながら宇理須先生の記念講演は拝聴できませんでした・・・)
また、丸善の書籍販売コーナーに「アレルギー対応給食」をおいていただき、25冊も(!?)販売することができました。

市民公開講座は、150名弱くらいの参加者が、熱心に三人の講師の先生方のお話に耳を傾けていらっしゃいました。講演終了後、支援ネットを含め、10ブースにドッと立ち寄ってくれましたので、出来上がったばかりのリーフレットや、フェアのお知らせ、ぜんそくモニターの募集や災害救援ネットワークシステムの紹介など、活動の紹介をすることができました。

学会での展示ブースは初めての経験で、戸惑うことも少なからずありましたが、私たちスタッフは市民公開講座以外にも、シンポジウムや講演会に出席し勉強をすることもできました。
貴重な体験をさせていただくことができとても充実した二日間でした。

今週末は皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会が、同じく国際会議場で開催され、藤田保健衛生大学・皮膚科の松永佳代子先生のご厚意で、展示ブースを出し活動紹介をさせていただきます。
こちらは企業ブースの中に出展をしますので、小児アレルギー学会とはまた違った反応になるかもしれません。
また、報告をさせていただきます。





****************************
特定非営利活動法人
アレルギー支援ネットワーク
事務局長 中西 里映子
tel&fax 050-1093-5702
e-mail nakanishi@alle-net.com
URL http://www.alle-net.com/
スポンサーサイト



【2007/12/13 19:01】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<食育と食物アレルギー | ホーム | 日本小児アレルギー学会の展示ブースに参加したこと お礼と報告>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる