FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

遺伝子組み換え食品について

食物アレルギーには、原因食品として、卵、牛乳・乳製品、小麦、そば、落花生が、厚生労働省の特定原材料として上げられているが、そのほかにも食品の保存料、着色料などの食品添加物や農薬などにも反応する重症食物アレルギーの人が存在する。自然の生態系は、動物は、植物のように無機物から有機物を同化することができないので、植物の作り出す光合成産物や窒素同化産物を食べることにより、イノチを維持している。(植物がなければ、動物は、死んでしまう)生物間の食べ物の相互関係を系列に示したものが、食物連鎖として、とりなされている。人間が、特定の家畜や野菜、穀類などを、自然界に存在しない形で作ると。たとえば、クーロン技術や遺伝子組み換え技術などである。
遺伝子組み換え技術が、品種改良との相違点は、種の壁を超えることである。(自然界に存在しない生物を作る)この比率が高まると、虫媒花などで、ハチが飛ばなくなるのではないか?食物連鎖によって、人間の技術が、人間に悪く帰ってくる野ではないかと危惧をする。

人間の消化管も長い間には、目に見えない残渣として人間の臓器、やがては身体を蝕むことだろう。そのとき人間は、また薬を開発し、一時的には、マスクをしてしまうだろう。根源的な治療をせずに。ますます病気の数は増えていくだろうと推察する。
スポンサーサイト



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2007/12/06 01:46】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<現在遺伝子組み換え技術生物 | ホーム | イモ類の収穫時保存方法>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる