FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

平成18年食料自給率

この数字は、国内生産量に対して、(日本人100人に対して、何人食べられるか)
米94、小麦13、イモ類80、大豆5、野菜79、果物39、(みかん94、りんご56)肉類55(牛肉43、豚肉52、鶏肉69)鶏卵95、牛乳・乳製品66、魚介類52、うち食用59、砂糖32、
外国から輸入されて補っている。今回の小麦の価格上昇は、輸入に頼っているためである。
カロリーベースの総合自給率は、39%に下がっている。なお家畜などの資料自給率は、25%とと低い数字。
品目別自給率=国内生産量/国内消費仕向量×100であらわされる。

スポンサーサイト



テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

【2007/12/06 00:44】 | これからの農業 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<日本の食品の安全を守るエキスパート | ホーム | 平成18年原因食品別月別食中毒発生状況>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる