FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

食育・食物アレルギーを考える会 埼玉支部(母親のリポート)

<食物アレルギーレポート>     =一歩先の理解を求めて=
 私も娘も、入学して半年がたちました。周囲は随分、理解が進んだかのようにも見えますが、実際の所、市の対応はまだまだ不十分です。けれども、そんなことでくじけていては、いけないぞ!!っと、云ってくださる方が、私の周りに増えつつあります。その一人娘の担任の先生です。先日、連絡帳に、このようなことが書かれてありました。「本当に、苦労の連続ですね。自分がその立場になってみないとわかりません。私でできることがありましたら、言って下さいね。」と。 今まで、担任の先生にだけには、ご苦労やご心配をおかけしたくなかったので、私は何も言えずにいました。本当に、個性あふれる28人の児童を一手に任される先生のご苦労は、入学前に私が想像していた以上のものでした。そんな中で頂いた先生の優しさがとても嬉しかったです。 人は、優しさに自らの心を開いていく・・・。 校長である前に、栄養士である前に、母親である前に「人として」、それぞれの人がそれぞれの立場で“自分の身近にいる者のために自分には何ができるのかという思いやりの心を持ち、感謝の心を大切にしていきたい!。そのような中でしか、食物アレルギーに対する理解は進まないと思います。私の今までの環境は、変わりつつあります。学校だけでなく、企業もご支援を下さっています。東武読売新聞に紹介された『あとぴっ子教室』は、フード・スクエア カスミ の前面協力によるものです。また、託児では、チャオの方にお世話になりました。地域の理解への扉も大きく開かれようとしています。 人にお話することで、問題点が、理解されていくように感じる今日この頃です。ファイト!!
食育・食物アレルギーを考える会 埼玉支部 代表 山内 優子
スポンサーサイト



テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

【2007/10/20 13:47】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成17年度 国民健康・栄養調査結果の概要 | ホーム | 緊急時に飲める安心の水対策は万全か?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる