FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

アレルゲンと表示の実際の対応について

Q2.加工品に入っているアレルゲンでどのようなものに注意をすればよいか(例:「ハムにはいっている卵白」など、知らないことが多いので注意したい食品を教えてほしい)

A.加工品には予想もしないようなアレルゲンが含まれていることがあります。
しかし現在のところ市販の食品(個別包装されているもの)には卵・牛乳・小麦…などの特定原材料(24品目)の表示義務もしくは表示の奨励がされています。ですから使用する前にその原材料表示を一度確認してみてください。以前はカゼイン、リゾチームのように名前からはアレルゲンが想像できない(知っていないとわからない)ものの記載もありました。
これらについては、カゼイン(乳由来)、リゾチーム(卵由来)というようにわかりやすく変更されています。
逆に紛らわしい言葉として乳化剤、乳酸カルシウム、乳糖は、原則として“乳”がついていますが牛乳アレルゲンは含まれていないか極微量でアレルギーを起こす可能性が少ないと考えられます。(表示は、10ppm以上の場合、表示の義務があります。1ppmは、100万分の1)
原材料表示に記載されていないならば、通常24品目に関しては、含まれていないもしくはアレルギー症状を起こさないほど微量にしか含まれていないと考えていいでしょう。
アレルゲン表示の詳細は厚生労働省の文書に記載されています。(難しい文章ですが…)

http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2b.html
スポンサーサイト



テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

【2007/10/05 06:36】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<アレルギー児のお母さんからの声 | ホーム | アナフィラキシーの集団での対応について>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる