FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

アレルギー児のための保育園の対応

今年の8月初旬、愛知県に全国の保育関係者が集まって、全国保育団体合同研究集会が開催されました。その分科会で、名古屋のたんぽぽ保育園がアレルギー給食の実践を発表しました。たんぽぽ保育園では、受け入れ園が見つからなかった重症のアレルギー児を受け入れ、その対応を見事に行なっています。さらに、アレルギー交流会、学習会を開催したり、クラス全員の給食をアレルギー対応にして、アレルギー児もみんなと同じ給食が食べられる取組みもしています。
 子どもにとっての食は栄養素をとるだけでなく、一緒に同じものを食べることで楽しさを感じるものです。アレルギー児にとってもそれは同じです。アレルギー児の気持ちに寄り添うアレルギー対策がこれからも進むことを期待したいですね。
 私はこの分科会には参加できなかったのですが、支援ネットワークから中西事務局長が参加して、保育園の取組みを称賛するとともに、ネットワークづくりの必要性を発言され、こちらも大きな反響があったと保育園関係者から聞きました。
スポンサーサイト



テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

【2007/10/05 06:32】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<アナフィラキシーの集団での対応について | ホーム | アレルゲン表示について>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる