FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

養殖魚の抗菌剤のニュース

養殖魚の抗生物質やホルモン剤などで奇形魚のことは、叫ばれて久しいが、今回、アメリカで輸入停止という処置をとったことが、ニュースになったので全文を載せた。NIKKEI NETからのもの。日本では、どのような対応をするのか?日本では、中国からあらゆるものが、輸入されているが、人体にどのような影響が出るのか。専門家の意見を聞きたいと思います。


米、中国産ウナギやエビの輸入停止・抗菌剤検出で
 【ワシントン=藤井一明】米食品医薬品局(FDA)は28日、エビやウナギなど中国で養殖された5品目の魚介類について輸入を一時停止すると発表した。米国では使用が認められていない抗菌剤が見つかったため。抗菌剤が含まれていないと証明する書類を出せば、輸入を認めるが、中国産の食品への不安が一段と広がりそうだ。

 輸入停止を決めたのはエビ、ウナギ、ナマズ、ウグイのほか、バサと呼ばれる白身魚。FDAが昨年10月から今年5月まで実施したサンプル調査によって抗菌剤のニトロフランやマラカイトグリーンなどが見つかった。検出したのは極めて微量で、健康への被害はみられないという。回収や廃棄も特に求めない。

 ニトロフランとマラカイトグリーンは長期間にわたり摂取すると発がん性があると動物実験で確かめられており、中国も魚介類への使用を禁じている。FDAは消費者の不安に配慮し、5品目以外の中国産の魚介類についても監視を続ける。 (11:38)

● 関連特集
中国ビジネス:社会
● 関連記事
ウナギに値上がり危機 EUが輸出規制〔日経WagaMaga〕
スポンサーサイト



テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2007/06/29 14:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<心の病・異常行動と食物アレルギー | ホーム | アレルギー対応の集団給食>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる