FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

虫とのたたかい

現代の農業は、化学肥料、農薬づけの使用により?、害虫(狭い意味ででの言葉)が、耐性(農薬が聞かなくなる現象)を持ち病気に対して効かなくなってきた。強い薬は、人体に毒であり、身体に合わないアレルギー反応も起こす。?これは、人間の病気と類似しており、抗生物質やステロイドの使用により、耐性
菌が、身体に蔓延して、抗生物質が聞かなくなる事態になっています。MRSAなどが、その代表的なものである。そもそも病気とは、何の為に発生するのか?人間の歴史は、病気との闘いで、病気と薬は、イタチゴッコの態をしている。対処療法にすぎない。
先人は、目に見えない微生物を殺してきた。人間も大腸の中に住んでいる腸内細菌の力を借りて、ビタミンなどを合成しているし、発ガン物質を分解除去してくれていることが、解明されつつある。農薬を使わない土壌は、微生物の宝庫で、1mの深さでも、土が固くなくふかふかしているそうである。
病気の原因は、つかめないにしても、そろそろ薬的なものは、変える時期にきているのかもしれない。人間が生きていけるのは、たくさんの微生物との共生が、必要なのでは、ないか?
住み分けの秩序を壊したのは。人間かもしれない?
スポンサーサイト



【2007/06/13 13:28】 | これからの農業 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<異常気象と食糧問題 | ホーム | =今、求められる除去食と代替食=>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる