FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

食物アレルギーを理解してもらうために

集団給食の対応の前に
アレルギー反応を起こさないために、離乳食は慎重に
1.はじめに
食物アレルギー児は、あらゆる身の回りのものに過敏な反応をしめします。
乳児期では、粉ミルク、母乳、離乳食に使用される卵、牛乳、小麦などに反応をしめします。アレルギー反応は、食品の中のたんぱく質に反応をしめします。2.抗原抗体反応です。
子供の食事と大人の食事の区別を
アレルギー症状は、乳児期に多く発症しており、親の食品に対する無関心により発症したケースをご紹介しましょう。母親が、栄養があるからと食べさせた食品で、アレルギー症状を起こしたケースが多く見受けられます。また、大人の食品を乳児に与えるケースが昨今、多く見受けられます。核家族の家庭で子供を見てくれる人が近くにいないケースの場合、両親と遅くまで居酒屋にいるケース、回転寿司などで、外食をして、子供が強請るので、生イクラを食べさせて、アナフィラキシーを起こしたケースなど、様々見受けられます。
3.生まれてはじめての食事
母乳や粉ミルクの同じ濃さで薄味にしてください。よく煮込んだ野菜スープがよいでしょう。スプーン1杯から与えましょう。
離乳食は、単品を、加熱調理(水で煮込んだもの)したものを与え、生の食品は、お誕生を迎えてから与えるようにしましょう。大丈夫と思っている食品を、もう一度、表示を見直して、与えていきましょう。両親は、話し合ってから食べさせてもらいたいと思います。乳幼児の未熟な消化管で、大人と同じものが食べられないということをご理解していただき、食品の選別をしていただきたいと思います。

4.アレルゲンは、時間の経過とともに変化する
食物アレルゲンから、吸入性アレルゲンと呼ばれる、室内のほこり、(HD、ダニ、カビ、等)室外アレルゲンとして、花粉、動物の毛、紫外線などなどに反応をしめしてきます。


5.メーカーとしての対策
メーカー側としては、商品を改めて差別表示(図柄表示(赤ちゃんマーク))または、色別表示をしていくような方向で進めていければ食品の誤食の数が減ることになりと思っています。アレルギー食は、赤色とか?2歳までは、緑色
6.集団給食管理者
過敏食物の除去にあたっては、保護者の独自の判断で行うものではありません。
この食事療法は、医師の診断に基づいた治療食であります。
医師の診断(問診、検査)により、診断書(病名記載)及びアレルギー食事指示書(何をどのような商品を、どのくらい分量を食べさせたらよいか?、調理方法は、など)を記入していただき、集団施設の長に提出をされ、三者協議(保護者、園長、栄養士)の据え、実施していきます。

 横浜・食物アレルギーの会 代表 橋本宏一

スポンサーサイト



テーマ:入園・入学準備 - ジャンル:育児

【2007/03/19 15:31】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<新しいことにチャレンジしようと思う  農業 | ホーム | 食物アレルギー発症の夢!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる