FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

大気の炭酸・窒素・酸素濃度の比率

食物アレルギーを持つ子供が、都市部を中心に、増加しています。人が、多く集まると、物事が、集約的になり、環境の破壊が始まってくるのかもしれません。田舎に比べて、人間一人あたりが吸う清浄な酸素も少なくなり、窒素酸化物や、硫黄酸化物、炭酸ガスなどの濃度比率が、昔から比べて、上昇しているのかもしれません。その濃度をいち早く、感じているのが、過敏体質と呼ばれている人たちなのかもしれないと最近、思い始めています。ですから、食物アレルギーの診断されて食事を一時的に抜いてみても、すぐに別の感作が始まり、症状の出現を見ます。この空気の比率が、人間を含む生物全体に影響し、対応として、遺伝子の変更を余儀なくされるのではないかと推測されます。その変更中にアレルギー反応(生物の警告反応)を起こすのではないかと考えています。
スポンサーサイト



テーマ:能楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/14 08:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<保育園 | ホーム | 大阪講演>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる