FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

アレルギー児を抱えている家族の役割  

食物アレルギー初期  セ ミ ナ ー
   裕繭研究会 
    


1、 お子さんが、アトピーといわれてまず行うこと
離乳期~3歳位→食事を見なおす
3歳以降→食事+環境整備(家の中、家の外) 
  ストレス
2、 家庭の食事を見直そう
普通の家庭は牛乳・卵・油・小麦の加工品がいっぱい
  多く食べている頻度が多いほどアレルギーを疑ってみる
3、 1週間の食事をノートに付けてみよう
インスタント食品と家庭で素材からつくる料理との比率
  料理は、出来合い加工品に野菜など加える
4、 お母さんの好きなものがお子さんのアレルギーの原因になっている場合があります。
   妊娠中に、赤ちゃんにもうダメの合図を送っていた?
5、 母さんは、料理を作るのが好きですか。
   加工食品には、添加物がいっぱい(人工食品添加物、農薬、)

6、 食物アレルギーとは、どんな症状があるか
   血管を通り、血液は身体をめぐる(全身の出る)
   食べてすぐ出る 翌日経って出る反応(即時型、遅延型)
7、 回転食とは、どんな食事の仕方なのか
   続けて食べると症状が出る→一定の間を開ける(5日間)

8、 食べ物と環境整備は、車の両輪
   過敏体質の人は、やがて食べ物から花粉、ダニなど吸入性抗原の感作へ
9、 掃除は、毎日、時間をかけて行っていますか
   まず、これからの時期は、換気・掃除のしかた
   掃除機だけで終わらせていないか(掃除機の盲点)
   掃くこと、拭くこと、(上から掃除をしていく)
   花粉は、外から家に持ちこまない
10,料理会とセミナーは、お母さんの知恵袋になります
スポンサーサイト



テーマ:離乳食・幼児食メニュー - ジャンル:育児

【2007/12/29 21:30】 | 食物アレルギー | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる