FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

綿の科学

綿花より綿は、つくられますが、日本の綿は、遠くインド、パキスタン地方で主に栽培されています。この綿は、デシ綿と呼ばれて、けあしが短く繊維の幅が太いのが特徴です。洗うとだまになりやすく、通常AランクからCランクまであります。このデシ綿は、去雑物(綿の実のから、ごみ)が多く、それをとるには、苛性ソーダを使って溶かしてしまうといわれています。このため、綿の油(コットンワックス)が、解けてしまい、パサパサの綿が出来てしまい、柔軟仕上げ剤で洗ってから使われます。
スポンサーサイト



テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

【2006/03/28 17:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる