FC2ブログ
スクランブルタッチ
食に関する情報(食育・食物アレルギー・食物連鎖・地産地哨・フード・マレージ・日本の農業を支援する会)の発信をしながら、共通の認識の輪を広げていきます。

物質の成り立ちの不思議

すべての物質(人間の最小単位は原子)は、原子の組み合わせにより生じていると考えられている。存在している物質が、灰や煙となっても、有史以前からの、原子の総量は、変わらないという?すべてが、原子が分離・結合をしながら作り替えられている?人類もそうである。 植物から動物へと、物質が変化しながら、移動していくこと。もちろん、石のような鉱物も同様である。人間の見た目の判断で”生きている“”石のように生きてないように見えても、原子の取り巻き(原子核のまわりを陽子と中性子が回っている)は、同じ運動を繰り返している。科学が進歩したが、原子が分離・結合を予測し得ないし、原子の数もまだ、全部は、見つかってはいない。
物質は、原子転換(原子は、一律ではなく流動しているという考え方)をしながら必要に応じて物質を変えて、移動しているのではないか?




 
スポンサーサイト



テーマ:科学 - ジャンル:

【2008/09/20 06:21】 | 52歳からは変化・革める時 | トラックバック(0) | コメント(0)

自分は、食物アレルギーの家族とこどものための、会社をつくります。名前の候補はたくさんありますが・・・「コウちゃんが作った会社」って具合に。アレルギーのお惣菜や料理を、レシピを作って、名シェフに料理してもらうドリーム・プランの計画を考案中です。前にも椿山荘のシェフや王様のレストランを企画・監修されたシェフにもてなし料理を作っていただきましたが・・・ ソムリエにも登場させてと。
私が、新しくテーマとするのは、「美・健康・オシャレ」です。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

【2007/06/19 23:25】 | 52歳からは変化・革める時 | トラックバック(0) | コメント(0)

あぐり生活学校

食物アレルギーを30年近く研究していたら、自分の身体は、自分で守らなければいけないことに気付きました。そして、毎日欠くことのできない食事は、自分で作ることが大事だと考えるようになりました。
内閣府NPO団体の、下部組織で、神奈川県では、かながわのあすを築く生活運動協議会というNPO団体が設立されて、あぐり学級なるものが立ち上がりました。私も協力することになりました。
ここに設立趣意書を公開します。




あぐり生活学校(AGRICULTURAL)の設立趣旨

(1)目的

最近農業専従者や農業後継者が少なく、農業耕作地の荒地が多くなっていることは、食料自給率の少ない日本の存亡にかかわる問題となっています。そのため農家の農業専従者による「あす協あぐり生活学校」の会員(生徒)を職業・年齢を問わず募集し、農業耕作を実習場として農業技術を習得し、多くの方々に農業に対する理解と食の安全安心の重要性を認識して頂き、自主的、継続的な活動を担える人材の育成を活用して、地産地消と食育をも同時に啓蒙することを目的に行います。

(2)学習の内容

農業専従者がグループになってあす協と協力し、あぐり生活学校をつくり会員(生徒)を募集し、会員(生徒)は農業専従者によって農業技術を習得し、農作物は農業専従者と協議して時期の農作物を四季に応じて耕作することが出来ます。
農耕地の農作物は農業専従者と耕作者によって販売することが可能です。
農耕具は農業専従者が所有し、原材料は農業専従者が購入します。


(3)必要な経費
農業専従者は農業耕作地と農耕具および原材料を整い、会員(生徒)はこれを利用し耕作ができます。生徒は農業専従者に年間学習費として3万円を納入します。

(4)かながわのあすを築く生活運動協議会(あす協)との協力内容

あす協は内閣府の団体(財)あしたの日本を創る協会よりあぐり生活学校設立の時には補助金を支給いたします。また、設立後1年間は補助金を支給します。
但し、かながわのあすを築く生活運動協議会の会員となり、年会費として1万円を納付します。しかし、成立後1年間は年会費を免除します。

(5)募集条件

募集人員は農業専従者が決定し、募集期間は随時定員になり次第締め切ります。
始業期限は特に定めず、農業技術を修めたと認められた生徒に対しては,あす協と農業専従者とで協議し修了書を発行します。


かながわのあすを築く生活運動協議会 理事
横浜・食物アレルギーの会 代表 橋本宏一


【2007/04/15 17:27】 | 52歳からは変化・革める時 | トラックバック(0) | コメント(0)

新しいことにチャレンジしようと思う  農業

日本の自給率は、カロリーベースで、40%である。100人いたら、40人しか生き残れない。という。もっと自給率を上げるべきだと主張したら、元M商事にいたヒトから、自給率は、上げなくても好いですといわれた。世界中の食物は、商事会社が、国を超えて商品を、押さえる力があるとか?云われた。?誠に不思議な話だ。日本のヒトの胃袋を、いっぱいにするのに、他国の作った作物で補うとは?いかがなものか?世の中、フード・マイレージという言葉が、叫ばれているというのに逆行しているように思えるが、?今、日本の農業の担い手がいない?75歳以上が中心の農業は、40%近くにまで上っている。都会の企業戦士の人達が、農地を借りて、これから、新百姓人になってみたらどうであろうか?募集をしてみたいと思っている。スクランブルタッチを見てくれている人達、声を大にして、アレルギーの人達が、全員、農業を目指してくれたら、日本の農業は、変わるだろうと思う。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2007/03/19 22:41】 | 52歳からは変化・革める時 | トラックバック(0) | コメント(0)

美と健康とおしゃれ

小生52歳の誕生日を迎えて、思うことがありました。人生いつも朗らかで生きれればよいけれど、そんなことは、自分の人生を振り返ってみても。家族に助けられ、友人に助けられて生きてこれたのが現実です。ただ淡々と生きれればよいかと思ってこれまで生かされてまいりました。
先日、ある社長さんとジュニアと食事をする機会があり、その社長さんの商売の鉄則みたいなことを伺いました。それは、美、健康、おしゃれに関することを事業にしてきたそうです。どれをとっても人に夢を与える職業だなと感じつつ、もっと早くこの話を聞いていたら事業家の仲間入りが出来たかななんて勝手に思いました。自然の法則の中で自分を含めて共生していることを認めて調和の取れた意識の中でこれから自分を高めて生きたいと思っている今日この頃です。

テーマ:美と健康! - ジャンル:心と身体

【2006/04/12 04:00】 | 52歳からは変化・革める時 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

SoRa&CoCo

Author:SoRa&CoCo
財団法人あしたの日本を創る協会(元内閣府NPO)神奈川県理事、
NPOアレルギー支援ネットワーク(名古屋)理事、赤ちゃんから高齢者の食べ物についてアドバイスしています。
元アレルギー連絡会代表、横浜食育食物アレルギーの会代表、元ハッピーフレンズ代表、出来るだけ取れ立ての野菜を食べよう運動を展開中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる